血圧マガジン
by エーザイ株式会社

130台を超えた方は「血圧が高め」!
血圧が上がる原因と知っておきたい3つの問題点

130台を超えた方は「血圧が高め」!
血圧が上がる原因と知っておきたい3つの問題点

※血圧高めとは収縮期血圧130〜139mmHgと言われています。


※血圧高めとは収縮期血圧130〜139mmHgと言われています。

「健康診断で、血圧が高めと言われてしまった…」
「血圧が年々高くなってきている…」

年齢を重ねるごとに、気がかりになってくる血圧の問題。
月に何度か血圧を測っては、どうにかならないものかと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

減塩や運動など、健康管理の方法は色々ありますが、手間なく続けられる、血圧ケアの方法があれば嬉しいですよね。

そこで、まずは血圧について正しい理解を深めながら、簡単にできるケアについて考えてみましょう。

血圧が上がる原因は?
血圧について知っておきたい3つの問題点

「血圧が高め」とは、具体的にどのような数値を指すのでしょうか?
また、血圧は、年齢によってどの程度違ってくるものなのでしょう?
まずは、きちんと考えておきたい、血圧の3つの問題点についてご紹介します。
1:血圧は「130」がポイントに!
血圧高めと判断されるポイントは、「130」の方。
この値の方は、健康診断で、生活習慣の見直しなど、医師から注意を促されてしまうと言われています。

※収縮期血圧140mmHg以上は治療が必要となる場合がありますので、医師と相談してください

2:血圧130台は、50代男性の4人に1人!
厚生労働省の調査によると、血圧が130台の方は、全国になんと約2,700万人もいます。(※1)
また、別のデータによると、50代男性においては、「4人に1人が高め」というデータも。(※2)
血圧の問題は、実は身近で、多くの方に関わりのあるものだと言えます。



3:血圧は年齢とともに上昇!
男女合わせて見ると、年齢によって血圧130台の人の割合が増えていくというデータがあります。(※2)
60代は40代と比べて、血圧130台の割合が約1.5倍になると言われています。少しでも若いうちから、ケアを始めたいですね。
※1:厚生労働省「平成28年国⺠健康・栄養調査(服薬者含む)」を基に算出
※2:厚生労働省「平成27年国⺠健康・栄養調査報告」
1:血圧は「130」がポイントに!
血圧高めと判断されるポイントは、「130」の方。
この値の方は、健康診断で、生活習慣の見直しなど、医師から注意を促されてしまうと言われています。

※収縮期血圧140mmHg以上は治療が必要となる場合がありますので、医師と相談してください

2:血圧130台は、50代男性の4人に1人!
厚生労働省の調査によると、血圧が130台の方は、全国になんと約2,700万人もいます。(※1)
また、別のデータによると、50代男性においては、「4人に1人が高め」というデータも。(※2)
血圧の問題は、実は身近で、多くの方に関わりのあるものだと言えます。


3:血圧は年齢とともに上昇!
男女合わせて見ると、年齢によって血圧130台の人の割合が増えていくというデータがあります。(※2)
60代は40代と比べて、血圧130台の割合が約1.5倍になると言われています。少しでも若いうちから、ケアを始めたいですね。

※1:厚生労働省「平成28年国⺠健康・栄養調査(服薬者含む)」を基に算出
※2:厚生労働省「平成27年国⺠健康・栄養調査報告」
血圧の問題は、放っておくとリスクが高まっていきます。
血圧が上がりにくい生活を心がけ、少しずつでも改善していきましょう。

血圧が上がる原因には、加齢のほかに、運動不足、ストレスなどの生活習慣が関わっています。

「減塩」「運動」「ストレスをためない」といった基本を大切に、健康な毎日を送りたいですね。

そして今回、ぜひ紹介したいのが、血圧ケアとして最近注目されている、ある「青魚」
なんと、「血圧が上がる要因を抑制してくれる」という、心強い食べ物なのです。

目からウロコ!
ある青魚の成分が、「血圧が上がる要因」を抑制する!?

「血圧ケア」に有用だと言われ、注目を集めているある青魚とは、ご存じ「いわし」です。
なんと、いわしに含まれている「サーデンペプチド」という成分が、高めの血圧をおだやかにしてくれると言うのです。
血管を収縮させ、血圧を上昇させる体内物質に「アンジオテンシンⅡ」があります。アンジオテンシンⅡは、「Ⅰ」から「Ⅱ」に変換されることで、血圧上昇作用を持ってしまいます。
この変換させる酵素を、「ACE」(アンジオテンシン変換酵素)と言い、サーデンペプチドは、この「ACE」の働きを抑制するため、血圧の上昇をおだやかにします。

この作用は、九州大学との共同研究でも、「高めの血圧をおだやかにする傾向」として実証されています。

ぜひ、日頃から、積極的にいわしを食べたいものですね。

ところが。
困ったことに、このいわしのサーデンペプチドは、普段の食事からは十分に摂取できないと言われています。

というのも、サーデンペプチドを摂取するには、「いわしに含まれるたんぱく質を、酵素で分解する」という工程が必要なため、普段の食事では、十分に摂取できないのです。

「じゃあ、いわしを食べても、結局血圧ケアはできないってことか…」
「なんとかして、うまく摂取する方法はないの?」

その気持ち、ごもっともです。
しかしご安心ください!
実は、「いわし由来のサーデンペプチド」を手軽に摂れる方法があるのです。

それが、「サーデンペプチド」に注目してきた「製薬会社エーザイ」が開発した、『ヘルケア』という商品です。

いわしの成分がぎゅっと凝縮!
エーザイ開発、血圧が高めの方に適したトクホ

【許可表示】本品はバリルチロシンを含むサーデンペプチドを配合しており、血圧が高めの方に適した食品です。
■食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを
製薬会社エーザイが開発を行った、血圧ケアサプリメント『ヘルケア』は、いわし由来のサーデンペプチドをぎゅっと凝縮!

たった4粒の中に、いわし約3匹分のサーデンペプチドを凝縮し、サーデンペプチド本来のパワーを引き出せるように工夫をしました。

さらに、ヒト試験でも機能性を実証済み!
ヒト試験の結果、摂取後4週間で、血圧がおだやかになる傾向が確認されているのです。

この結果、有効性・安全性が科学的に確認され、「血圧が高めの方に適した食品」として、消費者庁からトクホ(特定保健用食品)の表示を許可されました。

しかも、2017年7月には、日本人間ドック健診協会の推薦商品にもなっており、まさにいま注目の血圧ケア商品なのです。(※3)

つまり、ヘルケアとは…
・製薬会社であるエーザイが開発
・たった4粒の中に、いわし3匹分のサーデンペプチドを凝縮
・ヒト試験でも血圧がおだやかになる傾向が確認されたトクホ(特定保健用食品)のサプリメント
・日本人間ドック健診協会の推薦商品(※3)

※3:年に1度は、人間ドックや健康診断を受けましょう
エーザイが、自信を持ってお届けする商品であることがお分かりいただけるかと思います。
実際に、細かいところまでこだわって作った商品で、ご利用者様からの評価も、かなり高いのです!

継続率は92%!(※4)
そのヒミツは、「製薬会社」ならではのこだわり
※4:定期コース2回目継続率の数値

今では一般的となった「高血圧」という言葉。
実はこの言葉は、エーザイの創業者である内藤豊次が90年以上前に生み出したものでした。
それから、長年培ってきた製薬会社のエーザイならではの技術とご利用くださる方の気持ちを考えた工夫が「ヘルケア」には詰め込まれています。

①素材選びから製造まで一貫した、高い品質管理
「ヘルケア」は、ご利用者様の安全性を考慮した約20の検査項目を設けています。
たとえば、成分量(サーデンペプチド量)の確認はもちろん、摂取後の吸収効率まで考慮し、1分半で溶けるかどうかの試験なども細かく検証。
毎日飲むものだからこそ、厳密なチェックを1粒1粒徹底し、すべて合格した製品のみをお届けしています。

②ご利用者様が無理なく続けられる、手軽さを実現
血圧対策は、継続して向き合っていくことが大切!
なるべく、ご利用者様に無理なく続けていただきたいという想いから、手軽さにも決して妥協しない工夫があります。

●直径8mmの小さな粒だから飲みやすい
味やにおいはもちろん、1日分ずつ個包装だから持ち運びやすい

また、1日分(目安)ずつ個包装にすることで、手軽かつ、品質を維持した状態で続けていただくことを実現しました。

その結果、継続率はなんと92%!(※5)
ご愛用者様からの喜びの声もたくさん届いています。
※5:定期コース2回目継続率の数値

こんなに大反響の『ヘルケア』。

なんと2016年には、血圧サプリの中で売上第1位に輝いたらしいんです(※6)
商品の継続率が高いのも、頷けるほどの人気ですね。

しかし、あまり聞いたことがないという方も多いのではないでしょうか。

実は『ヘルケア』は、直接ご利用者様の元へ届けられるようにと、通信販売にのみ限定した商品。
だから店頭では見かける機会がないようなのですが…。

このヘルケアが、今なら大変手軽に試せるチャンス!

下記のアンケートに答えると、約30日分の『ヘルケア』を、初回のみ2,665円+税で購入できるとのこと。
しかも、送料も無料です!

通常価格が5,330円+税なので、かなりお得なチャンスのよう。

この機会に、血圧が高めの方はぜひ、試してみてはいかがでしょうか。



※6:(株)富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧2018」高血圧予防訴求機能志向食品成分別サーデンペプチドカテゴリー2016年実績

関連コンテンツ


運営会社 エーザイ株式会社